イベント

【名古屋の神社】ご利益のあるおすすめ神社10社!厳選してご紹介

愛知県は神社仏閣の数が日本一多い県であり、名古屋市には8000社以上の神社が鎮座しています。

その中でもご利益のあるおすすめ神社10社ご紹介いたします。

それぞれの神社のご由緒(歴史)、鎮座地、主な例祭日、御祭神と御神徳(ご利益)についてご紹介していきます。

ご利益のあるおすすめ神社10選

熱田神宮〈名古屋市熱田区神宮1丁目1-1〉

熱田神宮の創建は仲哀天皇元年または大化2年(646年)と伝わっています。面積は約19万平方メートル飛地と境内地を合わせると約29万平方メートルもあります。本宮社殿の構造は元々尾張造という様式で作られていましたが明治26年から現在の神明造という様式に変わっています。また熱田神宮の有名な建造物として、土用殿・西楽所(にしがくしょ)・清雪門(せいせつもん)・信長塀・佐久間燈籠・二十五丁橋等神符守札授与所・神楽殿・勅使館・斎館・宮庁・文化殿・宝物館・会館(結婚式場)・龍影閣・茶席等があります。

熱田神宮(あつたじんぐう)

〒456-8585

愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1

名鉄神宮前駅下車徒歩3分

【例祭日】(6月5日)

【ご利益】初宮詣・七五三詣・厄祓い・車祓い・神前挙式

【御祭神】

熱田大神

 

那古野神社〈名古屋市中区丸の内二丁目3-17〉

若宮八幡社の創建は文武天皇の時代に那古野庄今市場に創建されたと伝えられています。天文元年(1532)に311日に織田信秀が那古野城を攻め入り、その際に若宮八幡社は焼失しました。天文8年(1539)に再建されます。慶長15年(1610)名古屋城築城の際に、家康公により現在の地に遷座される。明治10年(1877)に県社に昇格するも昭和20年(1945)に空襲によって焼失しました。その後、氏子・崇敬者の熱意により昭和32年(1957)に再建されます。現在は神社本庁の別表神社で、社紋は「三つ足橘」。

5月の例祭は、名古屋の三大まつりとして有名な「若宮まつり」で江戸時代より300年の歴史を持っています。

那古野神社(なごのじんじゃ)

〒460-0002

愛知県名古屋市中区丸の内2丁目3-17

地下鉄鶴舞線/桜通線「丸の内駅」1番出口から徒歩約5分

【例祭日】(7月16日)

【ご利益】延命長寿

【御祭神】須佐之男命(すさのおのみこと)
奇稲田姫神(くしいなだひめのかみ)
兵主神(ひょうすのかみ)
八柱神(はっちゅうしん)

 

 

若宮八幡社〈名古屋市中区栄3-35-30〉

若宮八幡社の創建は文武天皇の時代に那古野庄今市場に創建されたと伝えられています。1532年に3月11日に織田信秀が那古野城を攻め入ります。その際に若宮八幡社は焼失してしまいます。ですが1539年に再建されます。また1945年3月19日に空襲によって焼失しますが氏子崇敬者の熱意により1957年に再建されます。5月の例祭は若宮まつりと呼ばれ名古屋の三大まつりとして有名です。

 

若宮八幡社(わかみやはちまんしゃ)

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄3-35-30

地下鉄鶴舞線大須観音駅、または名城線矢場町駅から徒歩5分

【例祭日】(5月16日)

【ご利益】家内安全・家安泰・縁結び・恋愛成就・子宝

【御祭神】

仁徳天皇

応神天皇

武内宿禰命

 

上野天満宮〈名古屋市千種区赤坂町4丁目89〉

上野天満宮の創建は平安時代中期と言われています。平安時代中期、安倍晴明一族の一部が名古屋市千種区清明山に移り住みました。晴明の自らの境遇と照らして祭神の菅原道真公の心情を儚く思い上野天満宮を建てそこに菅原道真公を手厚く奉りました。

上野天満宮(うえのてんまんぐう)

〒464-0094

愛知県名古屋市千種区赤坂町4丁目89

地下鉄名城線の砂田橋駅から南へ徒歩約10分

【例祭日】(10月24・25日)

【ご利益】厄払い、安産祈願初宮・七五三、商売繁盛、自動車祓い、健康祈願

【御祭神】

菅原道真公

豊国神社〈名古屋市中村区中村町字木下屋敷〉

豊国神社の創建は1885年です。1883年当時の県令国貞廉平をはじめ地元崇敬者の人々による秀吉を祀る運動が起こりました。この年7月に豊国神社の創建が決定します。1885年1月に竣工しました。

 

豊国神社(とよくにじんじゃ)

〒453-0053

愛知県名古屋市中村区中村町字木下屋敷

地下鉄東山線中村公園駅3番出口から北へ徒歩10分

【例祭日】(5月18日直前の日曜日)

【ご利益】初宮参り、安産、厄除、交通安全(車祓)、家内安全、合格祈願、出世祈願、七五三参り

【御祭神】

豊臣秀吉公

洲崎神社〈名古屋市中区栄一丁目31-25〉

 

洲崎神社の創建は平安時代前期の貞観年間とされています。石神の導きによって出雲国の稲田宮からやってきたスサノオノミコトを奉祀したのが始まりだと言われています。須崎神社の辺りには二つ鳥居があり右側が須崎神社の鳥居左側が石神神社の鳥居になっています。入り口が二つありますが中では一緒になっています。そして奥には拝殿があります。

 

洲崎神社(すざきじんじゃ)

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄一丁目31-25

地下鉄鶴舞線「大須観音駅」4番出口より徒歩15分
JR・名鉄・地下鉄東山線「名古屋駅」桜通口より徒歩20分

【例祭日】(7月13・14日)

【ご利益】縁結び、難関突破、金運、商売繁盛

【御祭神】

素戔嗚尊

石神

 

愛知県護国神社〈名古屋市中区三の丸一丁目7番3号〉

愛知県護国神社の創建は明治2年(1869年)と言われています。元々社殿は名古屋市昭和区川名山にありましたが1918年には名城公園北園内に1935年に現在の場所に社殿が移されました。1945年に社殿は空襲で焼失してしまいますが後に再建されます。

 

愛知県護国神社(あいちけんごこくじんじゃ)

〒460-0001

愛知県名古屋市中区三の丸一丁目7番3号

地下鉄名城線「市役所」5番出口より徒歩7分・鶴舞線「丸の内」1番出口より徒歩10分

【例祭日】(4月28〜30日、10月28〜30日)

【ご利益】学業成就・交通安全

【御祭神】

国事殉難者

 

 

富士浅間神社〈名古屋市西区浅間1-3-2〉

富士浅間神社の創建は1495年と言われています。全国に約1300社ある浅間神社の一つです。富士山頂の八合目以上を境内地とする事で有名な富士山信仰の神社で、総本山は静岡県富士宮市に鎮座する富士山本宮浅間大社です。

 

富士浅間神社(ふじせんげんじんじゃ)

〒451-0035

愛知県名古屋市中区大須2丁目17-35

地下鉄鶴舞線「大須観音駅」2番出口から徒歩約6分

【例祭日】(6月11日)

【ご利益】:安産、子供の成長、健康祈願

【御祭神】

木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
大山祗命(おおやまつみのみこと)
彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)

 

三輪神社〈名古屋市中区大須3ー9ー32〉

三輪神社は元亀年間(1570〜1572)に創建されました。奈良桜井三輪町から小林城(現在の矢場町交差点辺り)に移った牧若狭守長清が深く崇敬する生まれ故郷大和三輪山に大物主神を鎮め祭ったと伝えられています

 

三輪神社(みわじんじゃ)

〒460-0011

愛知県名古屋市中区大須3ー9ー32

地下鉄名城線「矢場町」駅
4番出口より徒歩6分

地下鉄名城線「上前津」駅
9番出口より徒歩5分

【例祭日】(10月19日)

【ご利益】縁結び、恋愛成就、安産祈願、子授け、家内安全

【御祭神】

大物主神

 

春日神社〈名古屋市中区大須3-46-34〉

春日神社の創建は平安時代中期948年と伝わっています。南都春日野(現在の奈良県)の春日神社を真似て作られました。昔は村の鎮守様でもあり藤原氏の氏神様でもありました。戦災により焼失しましたが現在の神殿は昭和34年に完成しました。

 

春日神社(かすがじんじゃ)

〒460-0011

愛知県名古屋市中区大須3-46-34

地下鉄鶴舞線上前津駅から徒歩約1分

【例祭日】(10月19日)

【ご利益】不明

【御祭神】

武甕槌命(たけみかづちのみこと)
経津主命(ふつぬしのみこと)
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
比売神(ひめがみ)

 

 

 

ABOUT ME
masahan
このサイトまいんすぺーすでは芸能人の情報やイベント、ライブやニュースになったことを記事にしています。2日1回ぐらい投稿しているので見ていただければと思います。
https://lin.ee/BStyOIm